HOME>オススメ情報>キャットフードはカナガンがオススメ!その理由とは

キャットフードはカナガンがオススメ!その理由とは

ネコ

キャットフードの原材料には危険な物質もある

愛猫に毎日与えるキャットフードは、美味しく安全な製品を選びたいものです。ところが、市販のキャットフードには、時に猫にとって危険な物質が含まれていることがあります。キャットフードは酸化しやすいため、多くの製品で酸化防止剤が使用されています。ローズマリー抽出物やカテキンなどの天然の酸化防止剤であれば問題ありませんが、合成添加物であれば注意が必要です。まず避けるべきはエトキシンで、これは発がん性が指摘されている危険な物質です。BHTやBHAもよく使用されていますが、どちらも発がん性が指摘されています。防腐剤として使われることのあるソルビン酸カリウムは、染色体異常を引き起こすとされていますので、これも危険です。また、原材料にミールや肉副産物と書かれている場合、通常はくちばしや目玉など人間が食べないような部位が使われています。それだけなら危険とまでは言えませんが、まれに4Dミールと呼ばれる肉が使用されていることがあります。これは病気や死亡した動物の肉のことで、安全とは言えないものです。キャットフードの中でも高い人気を誇るカナガンは、これら危険な物質を一切使用していません。

ねこ

カナガンのキャットフードにはほとんど危険性がない!

カナガンは、グレインフリーで合成添加物は不使用なのが大きな特徴のキャットフードです。グレインフリーとは穀類を使用していないということです。穀類は、安上がりでかさましもできるため、安価なキャットフードに主原料としてよく使用されています。ところが、肉食である猫は穀類の消化が不得意です。そのため、穀類を大量に使用しているフードを与え続けると愛猫の身体に負担をかけ続け、穀類アレルギーや下痢などを引き起こすことがあります。そのため、フードはグレインフリーの物が良いのです。カナガンは穀類を使用していません。主原料はチキンで、猫にとって必要不可欠なたんぱく質をしっかり摂ることができます。また、キャットフードには珍しいサツマイモが使用されており、食物繊維もしっかり摂取できます。危険な合成添加物はもちろん一切使用されていません。大変安全性の高いフードと言えます。