HOME>オススメ情報>カナガンのキャットフードに含まれている原料とは

カナガンのキャットフードに含まれている原料とは

エサ

イギリス産のチキンが豊富

本来、肉食動物である猫にとって動物性タンパク質を摂取する事は、健康維持に必須の条件と言えます。カナガンのキャットフードには良質なチキンが60%以上含まれており、良質なタンパク源となるその他の動物性原料と合わせると、その配合率は70%以上にもなります。主原料にチキンを使用しているキャットフードというのは意外に少なく、比較的値段が高いキャットフードでも魚を主体としている事が多いです。今現在、愛猫が魚や穀物を主原料としているフードを食べている場合、食いつきの違いを実感できる可能性が大いにあります。食事を切り替える際は、高タンパクのカナガンキャットフードに胃腸が驚かないように、ゆっくりと切り替えましょう。

猫とレディ

サツマイモやタウリンも含まれている!

カナガンキャットフードは、低価格の商品でよく使われる穀物類を使用していません。これはグレインフリーと呼ばれ、猫の体に負担を掛けない事を目的として行われています。なぜこのような事をするのかというと、トウモロコシや小麦は猫の消化器官では上手く消化吸収が出来ないからです。消化率の悪い原料を排除し、その代わりに消化率の高いサツマイモを使用する事で、炭水化物源を確保しています。また、カナガンにはタウリンが豊富に含まれています。タウリンは目や心臓の健康を守るアミノ酸の一種なのですが、猫の体内では自己生成が出来ない成分なのです。故に、日々の食事からタウリンを摂取する事が出来るカナガンキャットフードは、愛猫の健康を守る選択肢の一つとなり得るのでは無いでしょうか。